構造

「ギガセル」は、フレキシブルに大容量化することが可能なバイポーラ電池です。
従来の円筒形ニッケル水素電池は、セパレータを挟んで正?負極各1枚の電極板を巻いた構造になっているため、高速充放電時の放熱が難しく、また各電池間をケーブル接続する際に発生するエネルギーロスもあり、電池の大容量化には限界がありました。
「ギガセル」は、バイポーラ構造により、単セル内部および単セル間の接続によるエネルギーロスを抑え、大容量化および高速充放電が可能です。
また、強制空冷のためのファンを装着しており、強力な放熱機構により、大出力で充放電しても温度の上昇が少ない安全な電池です。溶接構造もなく、解体?リサイクルが容易です。


ギガセルと従来型ニッケル水素電池との比較


ギガセルの構造の特長

空冷ファン

強力な放熱機構により、大電流での充放電が可能です。

溶接レス

溶接レス構造ですので、解体?リサイクルが容易です。

密閉型

密閉型ですので、メンテナンスフリーです。

バイポーラとは

ギガセルモジュールは、隔壁によって直列接続される複数の単セルで構成され、隔壁の表?裏面がそれぞれ正?負極となるバイポーラ構造となっています。厚みが薄く、断面積の大きな隔壁により、セル間の接続によるエネルギーロスを最小に抑えるため、モジュール内の直列セル数を増やすことで、モジュールの大容量化が容易です。


電池監視モニタ

各モジュールに設置した電池監視モニタは、正確なSOC(※)算出と電池異常を検知する機能を備えていますので、電池を安全に使用することができます。

  • SOCとは State of Chargeの略で、電池の充電状態のこと
機能:SOC算出、警報出力、測定点数(セル電圧、電池温度、電池内圧)

「ギガセル」は川崎重工業株式会社の登録商標です。

カタログ-ニッケル水素電池-

動画で見るギガセル

よくあるご質問


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。