水素液化機

水素液化機

水素をマイナス253℃まで冷却して体積を800分の1まで減少させることにより、水素の大量貯蔵?輸送を可能にします。川崎重工が保有する極低温物質のハンドリング技術や高速回転機械の開発で培ったタービン技術が活かされており、水素ガスを用いた軸受により、非接触で油などの不純物の混入がなく、メンテンナンスフリーを実現しています。産業用で初となる純国産技術による水素液化機です。


写真


特長

  • 運用コストのキーとなる液化効率を世界最高レベルで実現
  • 水素ガス自体を軸の浮上に利用する水素ガス軸受の採用により、油などの不純物の混入がなく、非接触のため高効率でメンテンスフリー

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。