エネルギーマネジメントシステム(EMS)

機器構成の最適化により運用コストの低減を実現

エネルギーマネジメントシステム

ガスタービン、ガスエンジン、ボイラなど多様な機器や系統電力で構成される工場等施設の複合エネルギー設備。EMSは各エネルギー機器の出力配分や運転パターンを最適化するシステムです。運用コストを最小まで低減することが可能となります。

川崎重工製EMSの特長

  • 熱と電力を総合的?緻密に考慮して、運用コストを削減
  • 機器毎の運用範囲を考慮

EMS管理によるシステム構成例

一般的には電力?熱の需要変動にかかわらず、各機器の出力分担比率は固定されています。EMSで一括管理することで、需要に応じたエネルギー配分を適正に行うことが可能となり、燃料コストやCO2排出量を最小限に抑制することができます。


EMS適用による従来とのコスト比較例

需要に合わせて運用台数や運転時間などを最適化。従来に比べて燃料コストの削減を実現しています。


EMS適用によるコスト低減事例