振動機械

約半世紀にわたって、製鉄、鉱業、自動車、化学、窯業、食品、肥料、製紙等の全産業分野において、粉粒体やペレット状及び中塊、大塊、大容量原料や製品のふるい分けや搬送用として多数の振動機械を納入し、省力化、合理化の切り札としてご使用いただいています。


特長

豊富な機種揃えや各種運動方式の採用によって、あらゆる用途にお答えすることができます。
E形振動ふるい(リップルフロー):荷重や自重の変動に対するセルフバランス機能を備えた普及型の 定番モデルです。過酷な運転が要求される鉱業、製鉄、金属、電力分野に多数の実績があります。 T形振動ふるい(タイロックスクリーン):完全バランス無反動形振動ふるいとして、化学、窯業、食品、肥料 、製紙分野に多数の実績があります。
その他に、製鉄?鉱業に特化した超大型振動ふるいのH形、振動方向:振幅を変えることのできる 製鉄?鉱業向けK形、高温焼結鋼専用のホットシンタスクリーンHS形、微粉?細粉用のジャイレトリG-2形、高剛性の螺旋エレベータ構造で確実な搬送と冷却ができる振動エレベーター、砂落とし自動化の切り札であるシェイクアウトマシン等すべてに対応することが可能です。
鋳造原料自動供給装置:キュポラ、電気炉への原料供給をD形(ローヘッド)振動フィーダーをメインハードとして全自動で計量?運搬?供給します。
お客様のニーズに合わせた装置構成が可能です。


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。