ガス?ツー?ガソリン(Gas To Gasoline)プラント

天然ガスを原料として、高品質のガソリンを製造するプラントです。


プロセス

本プラントは、プロセスとして合成ガス製造部、メタノール合成部、ガソリン合成部の 3部から成り立ちます。また、付帯設備としては、水処理設備、冷却水設備、空気分離装置、ボイラー設備、発電設備、フレア設備、排水処理設備、製品貯蔵タンク設備、製品払い出し設備が設けられています。


GTGプロセス設備


GTGガソリンの特徴

今後の環境規制にも対応可能な高品位ガソリンが製造可能です。

  • 重金属を含まず燃焼時に有害物質を出しません。
  • 100%化学合成のガソリンであるため不純物が少なく、各国の厳しい環境規制にも対応した高品位ガソリンです。
GTGガソリン 欧州
Euro5
日本
JIS規格
オクタン価 92以上 95
91(レギュラー)
96(ハイオク)
89(レギュラー)
鉛分(mg/l) Nil 5以下 無鉛(1以下)
密度(g/l) 730 720-775 783以下
硫黄分(ppm) Nil 10 10

納入実績

納入先:トルクメニスタン、プラント能力:ガソリン年産60万トン、完工:2019年


お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。