LPG焚き二元燃料機関ME-LGIPエンジンを初受注

2019年04月11日

川崎重工は、Kumiai Navigation (Pte) Ltd(シンガポール)の大型LPG※1運搬船向けに、舶用電子制御式液化石油ガスインジェクションディーゼル機関(ME-LGIPエンジン)「川崎-MAN?。拢Γ住。罚樱叮埃停牛茫保埃担蹋牵桑小工蚬诓坝弥鳈Cメーカーとして初めて受注しました。
本エンジンは神戸工場で製造し、2020年9月には同じく当社が建造するLPG運搬船に坂出工場で搭載する予定です。

本エンジンは、重油と液化石油ガス(LPG)の双方に対応する2元燃料エンジンです。また、燃料消費率の低減とNOx3次規制対応を同時に達成する「K-ECOS?。蹋椋簦?sup>※2」を搭載しています。LPG燃料使用時に、従来型の重油焚2サイクルディーゼル機関と比べて、硫黄酸化物(SOx)の排出量を90%以上削減するだけでなく、二酸化炭素(CO)の排出量も大きく抑えることが可能です。

海上輸送では今後、国際海事機関(IMO)により、欧州をはじめ全世界的に硫黄酸化物(SOx)や二酸化炭素(CO)などに厳しい排出規制の適用が予定されています。当社は、排出規制をクリアする次世代の舶用主機関のひとつとして、ME-LGIPエンジンを積極的に営業展開していきます。

□「川崎-MAN?。拢Γ住。罚樱叮埃停牛茫保埃担蹋牵桑小箼C関の概要

出力

12,850kW

回転数 84 rpm
シリンダ直径 600 mm
シリンダ数

※1 ?。蹋校牵?span>Liquefied Petroleum gas) : プロパン?ブタンまたはその混合ガスを液化したもの。
※2  K-ECOS(Kawasaki-ECO System)Lite : 排気再循環(EGR)、過給機カットシステム、廃水処理システムを構成要素とし、IMO NOx 3次規制をクリアするとともに低燃費?低ランニングコストを実現する複合低環境負荷システム。

kawarusaki_logo_red120.png