「神戸?関西圏水素利活用協議会」に参画

2020年09月04日

川崎重工は、神戸?関西圏における水素の利活用や、2025年頃の水素利活用商用化実証に関する具体的なスキーム構築および2030年代の商用化に向けた大規模実装実現への道筋策定を推進するために設立された「神戸?関西圏水素利活用協議会」に参画します。

当社は、水素社会の実現に向けて、「つくる(水素液化機)」「ためる(液化水素貯蔵タンク)」「はこぶ(液化水素運搬船)」「つかう(水素ガスタービン発電設備)」のすべてのフェーズで開発プロジェクトを進めています。今回の本協議会の活動を通じて、神戸?関西圏における水素利活用を積極的に推進するともに、持続可能な開発目標(SDGs)の観点からも水素エネルギーの普及と脱炭素化を目指し、世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献していきます。

なお、本協議会に関する詳細は関連資料をご参照ください。

<設立時会員、50音?ABC順(※事務局/幹事)>
岩谷産業株式会社、株式会社大林組、川崎汽船株式会社、川崎重工業株式会社、関西電力株式会社、株式会社神戸製鋼所、シェルジャパン株式会社、電源開発株式会社、丸紅株式会社、三菱パワー株式会社、ENEOS株式会社

<オブザーバー>
経済産業省資源エネルギー庁、新エネルギー?産業技術総合開発機構、神戸市

【関連資料】
<協議会設立発表資料:神戸?関西圏水素利活用協議会の設立について>

kawarusaki_logo_red120.png