日本初のLNGバンカリング船「かぐや」の命名式を開催

2020年09月18日

news_200918-1.jpg

命名式の様子

川崎重工は、セントラルLNGシッピング株式会社(日本郵船株式会社、川崎汽船株式会社、株式会社JERAおよび豊田通商株式会社の4社が出資する合弁会社)向けに建造中のLNG(液化天然ガス)バンカリング船「かぐや」(当社第1744番船)の命名式を坂出工場で行いました。

2020年より強化された船舶の排出ガス規制への有力な対応策として、重油の代わりにLNGを燃料とする船舶の導?が世界的に進んでいます。本船は、LNG燃料推進船に海上でLNG燃料を供給するための設備を有する、日本初のLNGバンカリング船となります。

命名式では、日本郵船 長澤仁志代表取締役社長および川崎汽船 明珍幸一代表取締役社長により「かぐや」と命名され、JERA 中村直常務執行役員および豊田通商 日髙俊郎機械?エネルギー?プラントプロジェクト本部CEOにより支綱切断が行われました。

本船は、実際のLNGを使用した試験等を経て引渡し、竣工後はJERA 川越火力発電所を拠点とし、中部地区においてLNG燃料推進船へのLNG燃料供給事業に従事します。

本船の概要は次のとおりです。

<主要目>

LNG積載容量

3,500 3

総トン数

4,044

全長 

81.70

幅(型)

18.00

深さ(型)

7.80

計画喫水(型)

4.80

当社は今後とも、クリーンエネルギーとして需要の増加が見込まれるLNGをはじめとする各種液化ガス船の建造に、積極的に取り組んでいきます。

news_200918-2.jpg日本初LNGバンカリング船「かぐや」

kawarusaki_logo_red120.png