船舶運航管理支援システムの高度化技術

ビッグデータを活用した船舶運航管理システム「SOPass」

これまでの船舶の運航管理は乗組員の技能に大きく依存しており、陸上からの運航支援や安全?燃費管理は必ずしも十分ではありませんでした。
近年、運航の安全性はもちろんのこと経済性がより重視されるようになり、陸上で運航データを集中管理してメンテナンスや運航管理を効率化する支援システムの利用が進んでいます。
当社では、造船メーカとして蓄積してきた船舶挙動に関する知見を活用することで、燃料消費量が最少となる航路を、気象?海象予報のみならず、船舶の性能?運動モデルも考慮して計算できるようにしました。
さらに、LNG船の輸送効率を最大化することを目的に、バラスト航海中の冷却用冷媒および航海用燃料として最低限残す必要のあるLNG量を予測する技術も開発しています。