PCR検査用検体採取ブースの製作

エネルギー?環境プラントカンパニーでは、PCR検査用検体採取ブースの製作を開始しました。

PCR検査用検体採取ブースは、PCR検査時に被検査者の飛まつによって医療従事者が感染することの防止を目的としており、また被検査者間による感染を防止するため、被検査者エリアにUV殺菌灯を設置しています。

既に、神戸市医師会、川崎病院向けに完成機を納入したほか、神戸市医師会向けに、さらに機能向上を図った新型検体採取ブース3台を播磨工場で製作中です。


固定ブース
被検査者エリアにUV殺菌灯ユニット導入

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。