カワサキワールド?Kawasaki Robostageにおける自動検温システムの設置


川崎重工業株式会社では、神戸海洋博物館/カワサキワールド(兵庫県神戸市)および東京?お台場のロボットショールーム「Kawasaki Robostage」に、当社の人共存型双腕スカラロボット「duAro2」(デュアロ?ツー)による自動検温システムを設置しました。

本システムは、双腕ロボットの右手に非接触の温度センサーを用いており、温度センサーに額を合わせて測定開始センサーに手を近づけることで検温を開始します。体温が規定以下の場合、左手で保持したバーが開いて入場でき、規定以上の場合は係員を呼ぶ仕組みになっています。すべての作業は非接触センサーで行い、係員と来館者が接触することがないため、新型コロナウイルスの感染防止に寄与します。

検温に使われる「duAro2」を含む「duAro」シリーズは、人との共存?協働作業が可能なロボットで、簡単にダイレクトティーチングが可能で実用性が高く様々な場面や作業において活用されています。また、アーム部分に柔らかな表面素材を使っているほか、万が一、動作中に人と接触しても衝突を検知して停止し、安全性にも配慮しています。

新型コロナウイルス発生後の社会では、人との接触を減らすことも必要となり、今後ますますロボットが果たす役割は大きくなると考えられます。川崎重工は、当社が保有するロボット技術や多彩な事業部門の技術シナジーを活かして、今回の自動検温システムによる感染防止対策などの医療分野をはじめ、各分野での社会課題の解決に取り組んでいきます。


  • ダイレクトティーチング:ロボットに操作指示を行う際、作業者が直接ロボットを動かすことで動作を覚えさせる方法のこと。

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。