新しい働き方の推進

川崎重工では、新型コロナウイルス感染症拡大への対応をワークスタイル見直しのきっかけと捉え、新たな施策を推進しています。在宅勤務の適用範囲を拡大するとともに、寮?社宅の共用スペースを活用した「サポートオフィス」を複数設置し、従業員が自宅で業務に集中出来ない場合に利用できる環境を整えました。時差出勤、交代勤務などの柔軟な勤務体系を取り入れ、Webでの人財採用?研修の推進とネットワーク環境の強化などにも取り組んでいます。

サポートオフィス

お問い合わせ

このページに関する更なる情報をご希望の際は、右のボタンよりお問い合わせください。